【制服図鑑】台北市立内湖高級中学【台湾】

にーはお。

だーくねすです。

 

気が付けば10月も終わりに近付いていますね。台湾も段々気温が下がってくる時期でしょうね。

長袖を着て登校する中高生も目立ってくるかと思います。

 

というわけで、今夜は秋にピッタリな制服をご紹介したいと思います。

なぜ秋にピッタリかというと冬服も揃ったフルセットだからです!

 

台北市内郊外の高校です。

それではご覧下さい☆

 

学校名:台北市立内湖高級中学/臺北市立內湖高級中學

略称:内湖高中、内中

ブラウン系統の制服が特徴的な、内湖(ねいふー)高中

男女共学の公立校です。

所在地は台北市郊外の内湖区。東京の八王子のように会社が多い地域なんですが、中心部から行くのは少々不便です。ここに住んでいる人は大抵車を使うそうです。

でも、都心の喧騒から離れていると、落ち着いて学校生活を送れるんじゃないですかね。だけど、遊び盛りの高校生にとっては退屈な場所かもしれませんw

 

制服は、茶系ピンクのストライプシャツにブラウンのスカートを合わせます。

色合いのせいかカフェの店員さんっぽいスタイルですねw

 

実物の方がもうちょい色がハッキリしていて可愛いんですよ。写真の撮り方が悪くて申し訳ありませんorz

 

シャツの模様アップ

ストライプが入っていますが、遠目から見ると目立たないですね。

 

胸元アップ

ポケットに大きな校章の刺繍があります。これですぐに「内湖生だ!」と分かりますねw

 

スカート

ブラウンの26本車ひだプリーツスカート。

今風なチェック柄スカートも好きだけど、こういうシックな無地スカートもいいですよね。大人っぽいです。

 

ひだ拡大

 

冬服

夏服と同じ柄です。胸元にはトレードマークの校章。

 

↑こんなにガッチリ着てる生徒さんはほぼいないみたいですw

 

シャツはスカートの中にインしないのが、生徒さん風ですからw(n回目)

長袖シャツもスカートとの相性バッチリ!なのに、台湾の女子高生ってあまりスカートを履かないんですよ。特に冬。

冬服期間になると、ほぼ全員スラックス(ズボン)に切り替わってしまうんです。別に校則で決まってるわけじゃないのに、みんなスラックスw

ただ、学校指定のスラックスは無いので、生徒さんがそれぞれ普通のお洋服屋さんで好きなのを購入するんだそうです。制服スカートと同じような色をチョイスすれば、あまりうるさく言われないんですってね。スキニーっぽいのを履いている子が多い気がします。

 

だから、日本の女子高生が真冬でもミニスカートで登校しているのを見て驚く台湾人女性もいますw

 

でも、個人的にはスカートの方が好きだなぁ…..←

 

平置き

校章がしっかり見えますね。

 

シャツ単体

腰にややプリンセスラインが入っていますね。ですが、Mサイズなのに大きいので若干ダボダボしますw

 

後姿

やはり、遠くから見ると白無地に見えるかもしれません。

 

胸元

 

校章

不思議な形をしていますね。何を表しているんでしょう?

 

冬服も平置きしました。

そうそう!

すごく細かいんですけど、他校の制服との”ある違い”に気付いてしまったんです!!

 

それがこの冬服シャツ。

 

よーく見ると…..

 

夏服と同様にプリンセスラインが入ってます!!冬服なのに珍しい!!!

※小さな発見にも興奮しやすい制服オタでごめんなさい

こちらも大きめの作りですが、腰がくびれているので多少は女の子らしいシルエットにはなりやすいかな。板橋高中の冬服ほどダブダブしませんw

 

 

後姿

 

お袖

カフスにボタンが1つだけ付いています。

 

スカート

やはり生地は薄いので短パンを合わせないと透けますが、その分スカートがふんわりと広がりますね。

 

ポケット

 

以上になります。

 

カッコいいデザインですよね。私のお気に入りの1つなんです。

 

制服は持っているのに未だに生の内湖生を見たことがないんですよ。

どこに行けば会えるかなー。やっぱり内湖まで行くしかない!?←

 

『制服図鑑』で他校の制服を見る

【お名前.comはいいぞ】