【制服図鑑】台北市立第一女子高級中学【台湾】

こんばんは。制服キモオタだーくねすです。

 

コスプレ好きな私が集め過ぎてしまった制服コレクション…。一度か二度袖を通しただけでタンスに閉じ込めっぱなしはもったいないので、開放したいと思います。当ブログで徹底解剖しちゃいますね☆

制服好きな皆さん!台湾の制服も可愛いですよ☆

 

記念すべき1回目は、台湾人なら誰もが知っている超有名女子高校です!

 

学校名:台北市立第一女子高級中学/臺北市立第一女子高級中學

略称:北一女中、北一女


グルメに観光に!幅広い年齢層に人気!台湾ツアーならジャルパック

我が夫のお祖母ちゃんの出身校でもある北一女(べいいーにゅー)中♪

1904年に創立された、ながーい歴史を持つ公立学校です。

 

台湾トップクラスの頭脳を持つお嬢様しか入学出来ないエリート校!毎年台湾大学などの難関大学合格者を多数輩出しています。日本で例えると、桜蔭高校といったところですかね。アフォな私には全く縁が無いですね(泣)

 

所在地は中正記念堂が有名な台北市中正区。同区内にはあの建国高中(日本でいう灘高校)や成功高中(日本でいう開成高校)などの名門校もあるんですよ!

 

北一女中と聞いて思い浮かぶのは、やっぱり個性的な制服!

なんといっても目を引くのは深緑のシャツ。知的な雰囲気溢れるこの制服は1949年から採用されました。賢い生徒さんたちに相応しいデザインですね。街で見かけると「北一女だ!」と人一目で分かっちゃいますw

そんな北一女生さんには、制服のカラーにちなんで「小綠綠(緑ちゃん)」というニックネームが付いてるんですよ!可愛いですね☆

 

というわけで本題に入っていきましょう!

 

胸元のアップ写真。『北一女中』という校名の左右隣にあるラインの本数は学年を表しています。これは2年生ですね。1本だと1年生、3本だと3年生を表します。他校の制服も同じです。

 

通常、台湾の制服シャツにはポケット上のスペースに『校名(&学年ライン)・学籍番号・名前』という順番で刺繍がされるのですが↓(例)

こんなのは男子生徒だけですね。

 

最近はプライバシーの関係で、女子生徒は名前を入れないんだそうです。なので、『校名(学年ライン)+学籍番号』のみということになりますね。(とうとう男子も名前表記されなくなったという噂が…今はどうなのかな?)

 

続いて後姿。シャツの色のせいで後ろを向いてても北一女感丸出しwてかどの角度からでもバレバレですw

夫が台北出身なので、里帰りに付き合うと外出先でよく北一女生を見掛けますね。実際に見ると目立ちます。そして、「うおおお…お嬢様だ…」とチラチラ観察してしまう私ですw

 

スカートはブラック。紺じゃないです。丈は膝よりちょっと上。コスプレみたいな作りですがれっきとした正規の学生服です。透けやすいのでタイツは必須ですね。

 

ひだもアップ。26本車ひだ(送りひだ)です。日本でも殆どの制服スカートに採用されているであろう、一番ポピュラーなタイプのひだですね。

 

別のスタイルもいってみよ~。

シャツ出し正面です。ネット画像ではこれがお馴染みですね。

放課後なども、こんな風にラフな感じでお出かけしている子を見かけます。ですが、基本的にどの学校でもシャツはスカート(orズボン)にしまうのが正しい着こなしです出した方が楽チンなんですがね!

 

シャツ出し後姿。色合いのせいで段々と軍服に見えてきましたw

 

平置きするとこんな感じ。ちょっと暗くてごめんなさい。

 

よく見ると、ポケットが両胸に付いていますね。制服にしては珍しいのではないでしょうか。

どちらも、やや小さめのポケットになっているので、学生証は入らないかも。

 

襟元。

開襟シャツになっています。南国・台湾の学生服は涼しげなデザインの方が快適ですよね。

 

刺繍糸の色も学校によって違うんですよ。

北一女は輝くオレンジ色。光の加減で生地が青っぽくなっちゃいました。ごめんなさい><

 

シャツ単体。

腰がくびれていないダボっとしたシャツですね。一応Mサイズなんですけど若干大きめに作られている気がします。

 

ボタンを外しました。

ぺらぺらな生地です。白地よりマシですが、何かインナーを下に着ないと絶対透けブラします。スカート同様コスプレっぽいですw

だがそこがいい!!

 

後姿。

やっぱり少し大きめに作られていますね。下のボタンを1つ外せば、裾をキュッと結べるくらい丈もやや長め。

 

スカート単体。

実際に見るともっとまっくろくろすけですw

ブラックのスカートって結構好きです!日本ではレアですよね~喪服っぽくなるからかな??シャツやネクタイの組み合わせ次第で、カッコよくなると思うんですけどね~。

 

ウエスト部分。ピッチが狭いですね。

 

サイドには隠れポケット♪

小さな胸ポケットに入らない物はここに入れるんでしょうかね。それなりの深さです。

 

チャックを開けてみました。

べろーん。べろろろーん。

 

チャック上部にはアジャスターが付いています。

ウエストサイズは3段階に調節可能なんですが、ホックを通す穴の間隔狭くないですかね…?幅が数ミリしかないです。これじゃあ、急激に太ったらすぐに履けなくなっちゃいそうです。

ちなみに、日本の制服スカートのウエストサイズは大体5cmくらい調整できるので、太っても多少は誤魔化せます(おい

 

裏はどうなってるんだろう?と、ひっくり返してみました。

裏地は無いですね。冬に履くもんじゃないな。真冬の台湾も防寒しないと寒いですよ。(by寒がりな道産子)

 

ポケットです。

使ってるうちに破けそうですが、そんなに重たいものを入れなければ大丈夫だと思います。

 

ご紹介は以上になります。

 

北一女の生徒でも関係者でもない、学力も足りない私が名門校の制服をゲットしちゃってよかったのでしょうか←

手に入った時は感動しましたね。普段はタンスの奥に眠ったままですが←

 

いつかイベントとかで着たいなーと考えてはいるんです…でもぉぉ…なかなか機会に恵まれませんw

せっかく実物があるので、いつか本格台湾JKコスプレにチャレンジするのが夢です♪

 

『制服図鑑』で他校の制服を見る

 

【なにィーーーッ!?お名前.comッッ!?!?】