【訪台中も】パクチー、八角はダメ(/□≦、)…台湾グルメが苦手な日本人へのオススメフード!【安心♪】

こんばんは。だーくねすです。

 

台湾はグルメ大国として知られていますが、

あちらはパクチー、八角、沙茶醤などなど…日本では聞き慣れない調味料や香辛料を使用している料理ばかりですよね。日本人の間では非常に好き嫌いの差が激しいです。

 

『台湾グルメは比較的日本人の口に合う』と言われているので、期待して台湾旅行した日本人が「食事が合わなかった…」とがっかりして帰国することもありますねw

あと、「台湾のガイドブックで紹介されているお店に行ったら、食べ物が口に合わなかった」と残念がる日本人もたくさん見てきました;;

 

実は、私も台湾グルメが苦手な日本人の1人なんです\(^o^)/

夫と台湾に帰省した時は、なるべく口に合わない台湾グルメには手を付けないようにしています。日本人経営の日本食レストラン、またはマックやKFCへ逃げますwww

 

色んな人から「台湾人に嫁いだくせに!」と叩かれることもしばしばww

 

だけど、私は台湾グルメに惚れたわけじゃなくて、夫に惚れたから結婚したのです。台湾グルメを食べたくて夫と結婚したわけではないです。

国際結婚したからといって、必ずしも相手の出身国の全てを愛せるわけではないです。全てを尊重できても、全てを愛するのはまた別の話ですww

 

私の場合、台湾グルメだけはどうしても体が受け付けません^q^もちろん、訪台中の食事にはいつも苦労しています…。

それでも、旅行の楽しみは必ずしも食事だけではないので、食事の時間が辛くならないように色々工夫するようにしています!!

 

そこで!

私と同じように、独特な外国の味付けが苦手な日本人にオススメする台湾グルメと、注意事項をまとめてみました!

 

◆はじめに・日本人は外国の食材が不得意?

中華圏で、「日本人は鳥の舌の持ち主!」と言われているのはご存知でしょうかww

 

鳥の舌=食べられるものが極端に少ない!という意味だそうです。

 

一般的に日本で食されている食材ってクセのあるものが少ないですよね。そのため、独特の味がする外国の調味料や香辛料は日本人の間では好みが分かれます。

さらに、日本人は自分が見慣れない外国の食べ物を嫌がる傾向があるため、「食べられるものが極端に少ない⇒鳥の舌」と例えられてしまっているんです泣

 

そういえば中国人の友達が、

「中国で日本人と食事すると、日本で見慣れない料理が出てくれば、彼らは必ず”これ何?”と質問する。そして、正体が分からないものには決して手を付けないw

…と話していましたね。

その通りなんです← (今考えてみると私もそうだった…)

 

日本国内のほとんどの中華料理店は、料理を日本人向けにアレンジしているので本番の味とは全然違いますねww

日本人の舌に迎合してしまっているお店が殆どだと思います。本格的過ぎると日本人ウケが悪いんですって…。

 

失敗しないためにも、外国の食材…とりわけ南国系グルメに自信の無い方は旅行前にさらっと目を通してみて下さいね!

 

◆オススメな食べ物

【1】揚げ物

揚げ物はハズレが少ないです。絶対食べてみて下さい!

中でも胡椒!揚げ物によく使用されている胡椒は犯罪的な美味しさ!麻薬か!?」ってほど中毒性があるので危険ですw

 

☆オススメ定番料理☆

・鶏の軟骨揚げ→中華式胡椒との相性抜群。一度食べたら手が止まらなくなる!

・雞排→でっかい鶏のから揚げ。人によっては胃もたれするので注意。

・龍珠→タコ、にんにく、ネギを揚げて、輪切りにした唐辛子やピーナッツをまぶした料理。死ぬほどうまい。

 

体重90kgオーバーしてしまったうちの夫の口癖に「揚げればなんでもうまくなる!!」という言葉がありますww

 

しかし、この言葉って強ち間違いではいないんですよね。揚げると大抵の食べ物はなんでも美味しくなるんです。

「なんでも揚げちゃえ!」なノリでバターだろうがピザだろうが油で揚げてしまうアメリカ人を見ているとつくづくそう感じますwww

【2】葱餅、蛋餅…などの粉物

もちもちした生地の粉物料理も日本人の舌との相性は抜群だと思います。小腹が空いた時に適度にお腹に溜まるので嬉しい一品です。

 

☆オススメ定番料理☆

葱餅→宜蘭名物。小麦粉で作った生地にねぎや油を練りこんだおやつ。おやつといっても甘くないです。絶妙な塩気があるので、主食にも♪

蛋餅→簡単に言うと、卵焼きを小麦粉の生地で包んだもの。葱が入っていることも。朝食にピッタリです。

手抓餅薄く焼いた小麦粉の生地にたまごやハムなどを挟んだ、クレープ状の家庭料理。何も挟まずに、シンプルに千切って食べても◎。

 

【3】果物

果物はぜひぜひぜひぜひぜひ!!

 

「日本で見慣れない果物ばかりなんでしょー?それはちょっと…」とそんなに冒険したくない方は、日本であまり流通していない不思議な果物はひとまず置いといていいので…

まずは、パイナップルやバナナといった日本でもお馴染みの南国フルーツを堪能してみて下さい。

甘くてジューシー!そして安い!!旅行中は体力を消耗しやすいので果物で栄養を摂取しましょう!

 

日本人には馴染みの無い果物も一口食べると意外とうまかった!ってこともあるので、ちょこちょこ開拓してみるのも楽しいですよ!

 

4】カジュアルなカキ氷

台湾を代表するスイーツの1つといえば!カキ氷!!日本では夏の風物詩ですが、温暖な台湾では年中親しまれているおやつです。

 

一口にカキ氷といっても様々な種類がありまして…台湾のカキ氷には大きく(かなりざっくり)分けると、台湾伝統式のカキ氷カジュアルなカキ氷の2種類があります。

 

台湾伝統式だとタロイモや白玉団子、餡子など、台湾の伝統的なトッピングが特徴。これまた日本人の間で好き嫌いがぱっくり分かれるんですよねww

逆にカジュアルなカキ氷(果物や果汁から作ったソースをふんだんに使った可愛らしい今風なトッピング)だと、台湾グルメが苦手な日本人も美味しく食べることができます。

 

雪のように細かく砕かれた氷を使ったカキ氷は絶品!いちごソースやマンゴーソース、甘い果物と一緒に食べると幸せ~♪

お腹を下さない程度に、ハッピーなカキ氷タイムを過ごしましょうね!w

 

【5】お茶

日本と同じく、台湾も世界的に知られたお茶の名産地です。大都市圏のみならず、台湾全国にお茶の名店が数え切れないほど存在しています☆

私は、九份で美味しいお茶を楽しめるお店を発見しました!昔ながらの景色を眺めながらティータイム♪

台湾はどこか懐かしい町並みが見所なので、お茶と一緒に風景も楽しみたいですね。

 

台湾は日本よりも脂っこい食べ物が多いので、揚げ物や粉物をモグモグ味わいつつ、お茶で脂肪の吸収を抑えちゃいましょう!w

 

【6】迷ったら鼎泰豐へ!

台湾初心者の方は、迷ったらとりあえずこちらへ。

いまや、飲食店というより観光地化してしまった鼎泰豐。サービスも料理も日本人向けといえるので、ほとんど失敗しないでしょう。

 

肉汁たっぷりの小籠包やぷりぷりな海老が入った餃子、ほどよいぴり辛がクセになる酸辣湯などなど、日本人が慣れている料理を注文すれば完璧!

 

ただし!

大人気チェーンなので基本どこでも混んでます。都心部だと100分待ちとか余裕です。

 

空いている時間を狙うか、時間に余裕がある時に行くかしかないですね。予約できる店舗があるので中国語を話せる方は、問い合わせてみるといいかもしれません。

【7】コンビニや日系スーパーで日本のカップ麺やお菓子を買う

最終手段ですww

なるべくならやめておきたいですが、「外国で日本の食べ物を食べちゃいけない!」なんてルールはないのですから、どうしても現地の食がダメであれば、日本のカップ麺やお菓子に逃げるのも1つの手段です!!

 

そのかわり、日本の食べ物は台湾で買うと当然日本より高いので、訪台前に自宅近所のコンビニである程度飼い込んで台湾に持参するという方法もあります。

食べればなくなるとはいえ、行きの荷物が多くなるのでオススメはできませんがね^^;

 

◆注意してね!

日本だと、他人から苦手なものをご馳走されても無理して食べるのがある意味礼儀のようになっていますよね。

伝えるにしても、ストレートに「苦手なんです」と言わずにやんわり表現することが求められています。

 

作った人、買ってくれた人の気持ちを考えて、嫌な顔は絶対に出さないという気持ちは悪いことだとは思わないです。

 

日本ならね!!

 

でも、逆にそれを台湾人の前で行うのは失礼に当たります。

 

訪台中、夫のママと食事に行くと苦手な料理を我慢して食べていました。

 

それを察した夫から「本当に大丈夫?相手を思いやったつもりでも、無理して”美味しい”と嘘ついて食べるのは台湾ではやっちゃいけないヨ。

日本ではいいけど、台湾では本当に本当に失礼ダヨ。不味いならハッキリ言って!」と注意されました。

 

台湾人との食事中に、苦手なものが出てきたら遠慮せずに嫌いなら嫌いとハッキリ伝えましょう。

 

では、台湾の食事マナーは当記事の主旨ではないので、ひとまず置いとくとして…。

台湾グルメが苦手な日本人向けの注意点をまとめてみました!

 

【1】煮込んだお肉系統の料理には八角が付き物

煮込んだお肉系統は、見た目以上に独特な味がするものだと考えておいて下さい。

 

【2】現地の日本食レストラン

日本の中華系料理店同様、台湾の日本食レストランも、現地の人の好みにアレンジされています。日本人の感覚だと超不味いですw

でも、仕方の無いことです。台湾人が美味しければそれでいいのです。

 

ただし、日本人が台湾旅行中に日本食が恋しくなって、日本食レストランへ駆け込むと大概爆死します。

なるべく、日本人経営のお店をチョイスして、オススメを聞いてから注文するようにしましょう。

 

【3】台湾スイーツにも気を付けて!

パイナップルケーキ、太陽餅、牛軋糖…どれもお馴染みの台湾スイーツ!

しかーし!!中華系調味料や香辛料がアウトなら台湾スイーツもアウトな可能性大です。

日本人へのお土産に購入するとリアクションが悪かったりしますよね^^;

 

台湾滞在中に甘いものがどうしても欲しくなってしまったら、コンビニで日本のお菓子を買うのがベストかもw

 

【2】洋菓子店は×

「甘いものが食べたい!でも台湾スイーツは苦手!」だからといって、洋菓子に逃げてはいけません!!

 

ハッキリいって台湾の洋菓子は…うん。「美味しい」とは言えないです。生クリームは特に!!!

私の夫もよく、「台湾の生クリームは不味いから食べない方がいい」と言っていましたねwたしかに美味しくない…。

 

台湾に限らず、東アジアだと中華圏(台湾、中国、香港、マカオ)と北朝鮮って洋菓子はあまり美味しくないんです…。日本の洋菓子が異常に美味しいんですよね。あと、韓国もわりとイケます!!!

 

◆最後に

なるべくなら、好き嫌いせずに食事したいですよね。周りに「外国でも平気でなんでも食べれる!」という日本人がいるので、とっても羨ましく思います。

私も「たくさんの種類の食材を好き嫌い無く食べることができたら食事の時間がもっと楽しくなったのかなぁ…」と考えると悲しくなります。

 

ただ、外国であれば相性が悪い食べ物の1つや2つはあることは仕方ないです。

自分が育った場所ではない外国の食材なのですから、それは愚痴っても文句たれてもどうしようもないことです。

そこは工夫次第でどうにでもなりますから。とにかく、食べなかったり別のものに置き換えたりして工夫すれば良いのです。

 

旅行スタイルは人それぞれ。何に重点を置くかも人それぞれ。食事、観光、現地の人とのコミュニケーション、語学の勉強…全部!という人もいれば、どれか1つ!という人もいます。

海外旅行の楽しみって必ずしも食事だけではないと思います。食事のストレスをなるべく無くして、他のことをめいっぱいエンジョイする!というのも1つの旅行スタイルではないでしょうか。

 

文化が違えば「これだけは合わない!」というマイナス面には必ず遭遇するものです。

それが食だったら…食べ物が合わない国での滞在中、無理して食事しても誰も幸せにならないと思います。だから、無理の無い範囲で食事をすることも大切ですよ。