なぜ当ブログのメインが台湾ネタと北朝鮮ネタなのか?

こんにちは。だーくねすです♪

前回の記事の続きです!

 

「台湾」と「北朝鮮」、どちらも日本にとっては国家未承認ですが、一般的に台湾は親日的、北朝鮮は反日的と言われています(あまり親日反日という言い方は好きではありませんが、大体当たってると思います)。

 

では、なぜタイプが全然違う2つの国を当ブログの大きなテーマにするのか?

それはどちらも好きな国だからというのが答えなのですがw

 

そういう簡単な理由じゃなくて、目的を紹介していきますね!

台湾について


グルメに観光に!幅広い年齢層に人気!台湾ツアーならジャルパック

目的①台湾人と結婚したのだから台湾のディープな話題を伝える!

近年、台湾は「近い!」「安い!」「親日!」という理由から、日本人の間で人気の観光地となりました。

 

10年ほど前に比べて、訪台観光客やメディアで紹介される機会が増加したことなどから、日本人の中で認知度が高くなったのでしょうね。

 

しかしながら、前回の記事にも書いた通り、中国や香港と混同してる人や、なぜか東南アジアのタイと間違えてしまう人が後を絶ちませんw

そ・こ・で!

せっかく台湾人と結婚したなら、台湾人と結婚した日本人妻しか知りえないような、台湾に関するマニアックでディープな情報をどんどん発信したいな!と、思い立ったわけです。

 

【注意】なんでも記事にします!

湾は天国ではありません。日本や他所の国と同じように、台湾にも良いところもあれば、必ず悪いところもあります。日本人が知らないネガティブ面の問題もちゃんとあるのです。

 

私は、それを全て含めて台湾だと思っているし、どちらも含めて台湾を愛しているので、台湾を必要以上に褒めちぎることはしません。

 

ですので、マイナスな話題もあえて記事にするつもりです。

 

そういう意味では、他の台湾ブログとは少し違うネタが多いかもしれません。

目的②台湾の可愛い制服を紹介する!

実は私、「趣味は制服研究&収集!」ってくらい制服オタクで、実在校の制服を大量に収集しているコレクターもあるんです。当ブログでは、今までにコレクションした台湾の女子中高生の制服に関しても触れるつもりです。

▲私の自慢のコレクションの一部。台湾師範大学附属高級中学(附中)の制服です。

学生服を採用している国って日本だけではなくて、世界中にあるんですけど、その中でも台湾の制服って日本に似ていて可愛いんですよね。

 

ですが、せっかく手に入れてもなかなか出番が無いので、1~2回袖を通してタンスにしまっておくだけなんです(泣)それって、かなりもったない気がするので沢山紹介していきたいと思います!

▲附中制服の胸元アップ写真。

最近は、台湾の中学や高校の制服を紹介しているサイトやイラスト集が人気なんですけど、その作りや生徒の着こなしなど細部について解説してるものってあまりない…というかほぼ無に等しいんですよね。

 

だから、いずれは【台湾制服図鑑まるごと解説版】のような役割も果たしていきたいですw

 

とにかく、グルメや観光、国際恋愛…というメジャーな話題から、趣味で収集してる台湾の学校の女子制服などといったマイナーな話題まで幅広くカバーしたいですね。

マイナーな台湾情報も知りたい方は、ぜひ当ブログを覗いてみて下さいw

 

では、続いては…

何かとお騒がせのあの国についてですw

北朝鮮について

目的①北朝鮮ファンが気軽に情報収集できるようにする!

実は私、台湾クラスタでありながら、チョソン(朝鮮)クラスタでもあるんです。

 

朝鮮に興味を持つきっかけとなったのは大学3年。

当時、海外旅行好きをこじらせてしまって「どこかマイナーな観光地にも行きってみたいなあ」と思ってたところ、たまたま破格の値段で北朝鮮旅行できるツアーを発見してしまい、申し込んだのが始まりでした。

 

実際に訪朝してみると、想像以上に楽しく観光できたので、そこから一気に虜に。(何が想像以上に楽しかったんだよ!と言う方、ここでは長くて書ききれないので、そのうち記事にします。ゴメンネ。)

 

以降、朝鮮イベントに参加したり、同じチョソンクラスタの仲間を作ったりと、充実した朝鮮ライフ(?)を送っていますw

おそらく、このブログを見てくださっている方の中にも、北朝鮮に少し興味のある方はいらっしゃると思います。

でも、(当たり前なんですけど)この国って北朝鮮好きには優しくないんですよね…。入ってくる情報が少な過ぎるんです。テレビのニュースなんかみても、どこも似たり寄ったり。情報収集が難しい国なんです。

 

だから、旅行や現地の人々の様子など北朝鮮に関する記事を載せて、興味がある方に読んで頂くことで、何かお役に立てるのではないかと考えました。

「お役に立つ」なんて私だけじゃ微力かもしれないけど、無いよりはあった方がいいですよね♪

 

難しい政治の話題は一切書きません。食とかオススメの観光地とか、平壌のインスタ映えスポットとかwごくごく普通の旅行記や食レポのような内容になると思います。

テレビじゃ絶対見れない北朝鮮の姿を見てみたい方は、たまに当ブログを観に来て下さいね♪

 

目的②実は「噛めば噛むほど美味しい」国であることを知ってもらう!

私を初めて知った方は、おそらく「おいおいおい北朝鮮ってwwwうっそやろお前wwwwwww」と心の中で突っ込んでしまわれたかと思います。

 

まあ…日本人にとって悪印象な国といえば、ここが代表格ですから無理も無いですね。泣

 

日本人が北朝鮮に抱くイメージって…

・危険
・怖い
・拉致
・ミサイル
・ヤバイ
・独裁
・容赦ない粛清(人殺し)
・ヤバイ
・ヤバイ
・ヤry

…といったところでしょうか。

国際問題化している課題については、どうか迅速に解決して欲しいですね。私もそう願っています。

 

しかし、純粋に朝鮮の音楽や、歌手、観光スポットや食など、政治を抜きにした文化的な部分を純粋に好きになることって別に悪いことじゃないと思うんです。

 

▲2016年3月。北側の板門店で軍人さんと握手。ずっと奥に見える山々は韓国領。

私は以前、「北朝鮮旅行をした」とSNSに投稿すると、他のユーザーから冷たい反応が返ってきました。

 

「お前は工作員か!日本人を拉致しただろ!!」

 

えっ。

私が日本人を拉致するような人と一緒にされてしまうとは^q^

 

しかし、私にとっては日本人が普通にアメリカやフランス、韓国へ旅行するのとなんら変わらない行為であり、ただの海外旅行に過ぎないのです。

 

また、これだけでなく、北朝鮮ネタをSNSに投稿すると一部の心無いユーザーから「工作員」「反日」と呼ばれるなんてことは数え切れないほどありますw

 

北朝鮮は、日本に入ってくる情報が極端に少ないので謎だらけの不思議な国なのは確かです。でも、何も知らないくせに偏見を持っちゃうのってすごくもったいないと思います。

 

それに、私は「好き」の反対は「嫌い」ではなくて「全くの無関心」だと思ってるので、好きだろうが嫌いだろうが関係なく北朝鮮関係の話題に反応をする人って、ちゃっかり関心がある人だと認識しています。

 

もし、無関心だったら視界にも入れないし、話を聞きもしない、1秒でも考える時間が無駄だから何も反応しない、というのが普通では?

 

だから、私達のような朝鮮クラスタを口汚い言葉で罵っているような人でも、そこで何らかの反応を示してる時点で北朝鮮に興味があるんだな!と解釈するようにしていますwww

 

イヤよイヤよも好きのうち。そのうち、朝鮮アンチの皆様もチョソンクラスタに引き込めたら面白いなw

どんなきっかけがあれば引きずり込めますかねwww

 

私は訪朝がきっかけで、すっかり北朝鮮にハマッてしまいました。

 

ただ、私は外国人旅行客という身分だからこそ、北朝鮮で良い経験ができたのは事実ですし、北朝鮮側にとって都合の良い景色しか見せられていないのもこれまた事実です。そこは理解しています。

 

でも、そこを差し引いても北朝鮮には日本人が知らない魅力がいっぱいあるんです。

 

最初はなんだか分からない国でも、知れば知るほど楽しい国なんです。

 

つまり、「噛めば噛むほど美味しい」のです!今までの経験や、旅行での体験な」どを通じて、興味があった方にも無かった型にももっと大勢の人に北朝鮮の魅力を知って欲しいと思います。

きっと、日本人に限らず北朝鮮の人も日本に対してかなり偏見を持ってるのではなでしょうかね。

 

同じ人間同士なのですから、いつかお互いの誤解を解いて、日本と北朝鮮が「近くて遠い国」から「近くて近い国」になるといいですね!

 

目指せ!高麗航空・A●A・J●L平壌~日本直行便就航!!w

 

そんなこんなで、雑記なブログになりますが、末永くお付き合い下さいませ!再見♪

包茎は自分で治せます。