【台湾×オランダ夫婦】現役CAの夫のお姉ちゃんも国際結婚!豪華な結婚式に出席してみた☆in台北【結婚式準備編】

こんにちは!だーくねすです。

 

今日は台湾×オランダ夫婦の結婚式(準備)レポートをしたいと思います。

もちろん、私たちの結婚式ではありませんw

 

なぜ『オランダ』?かと言いますと、夫のお姉ちゃんが今年オランダ人男性と国際結婚したのですよ♪

姉弟揃って国際結婚なんて珍しいですよねw

 

台北とオランダでの挙式両方に出席いたしましたが、全て詰め込むと長くなってしまうので、まずは台北編をまとめていきます。

 

台湾式の結婚式なのかな?と思いきや、現代の日本とそれほど大差無い洋風仕様の結婚式でした^q^ありゃりゃ

したがって、台湾の伝統的な結婚式のご紹介ができないのは残念でございますが、日本人にとってオランダは「遠い国」という印象が強いと思うので、なるべくオランダに関わる話題も盛り込むようにいたします!

 

それでは、お2人のご紹介も併せて結婚式数時間前の準備中の様子をご覧下さい☆

◆2人のプロフィール

現在、2人とも香港在住。香港系エアラインに勤める客室乗務員×パイロットのカップル。

5年前に航空業界関係者が集まるパーティーで知り合い、3年ほどの同棲期間を経て旦那さんからプロポーズ。

お2人のウェディングフォトカード。空で働くカップルらしさが出ていますねw

☆お姉ちゃん

年齢:30代前半

出身地:台湾台北

現住地:香港

性格:ハキハキ、パワフル

趣味:オシャレ

職業:台北市内の大学を卒業後ルイヴィトンに3年ほど勤務→5年ほど前から香港系エアラインの客室乗務員さん

備考:台湾最大手の某緑色航空会社も受験したものの最終選考で落ちてしまった。自信があっただけに相当悔しかったらしく、未だにそれを根に持っており、その会社の話題になると少し不機嫌になる。

…確かに悔しい思いはしたかもしれないけど、結果的に香港の航空会社に採用されて、旦那さんとも巡り合えたからよかったんじゃないかな??

 

☆旦那さん

年齢:20代後半(うちの夫と同い年)

出身地:オランダ・北ブラバンド州アイントフォーフェン(オランダ南部に位置する都市)

現住地:香港

性格:?(お姉ちゃんよりは落ち着いてる)

趣味:?(香港の自宅に北朝鮮関連の本が数冊あった。もしかして朝鮮趣味!?)

職業:お姉ちゃんとは違う航空会社のパイロットさん

備考:2018年現在、香港で一番若い機長さん。

 

お姉ちゃんの方が年上なのでいわゆる『姉さん女房』ってやつですね。パイロットさんと客室乗務員さんのカップルだなんてロマンチックですね…ドラマみたいです(うっとり)

それでは、2人の式直前の様子を覗いてみましょう!

◆結婚式場は有名ホテル♪

結婚式場は『W台北』。MRT市政府駅からほど近い高級ホテルです。有名なグループのホテルなので、皆さんも名前は聞いたことがあるかもしれないですね。

もう少ししたら日本にも進出するんですって!!

 

オランダから来た新郎さんのご親戚はこちらにお泊りしてるので、彼らにとっては式場兼宿ということになります。

数時間後に挙式を控えているので部屋は準備で大忙し。にも関わらず、新郎さんご家族は笑顔で私たちを迎えてくれました。

左から新郎さんのお姉さん、お母さん、新郎さん、そしてお父さん。4人家族。

お父さんは物理教師、お母さんはフランス語教師。

お姉さんには視覚障害があって目がほとんど見えていないみたいです。家族や周囲の人に支えられながら普段はスーパーの店員さんとして勤務しています。

 

皆さん、この日のために仕事を休んで、オランダのアイントフォーフェンからはるばる飛んできたのです。訪台経験は初めてではなかったそうですが、毎回片道10時間以上掛かるのは相当お疲れですよね。

本当に本当にお疲れ様でした…。

 

他に新郎さんのご友人もいらっしゃったので、部屋がとても賑やかでしたw

中央でスマホをいじってる黒いスーツの男性がうちの台湾人夫、その隣が新郎さんのご両親(正装に着替える前)、手前男性2人組が新郎さんのご友人です。

イケメン白人男性なので、台湾滞在中は台湾人女性からモテモテだったみたいですww

 

ところで、この写真を見て何か気付きませんか??

 

奥の方にマリオがいるんですwww

アップした写真↓

新郎さんはゲームが大好き。特にマリオの大ファンなんだそうですw

私も子供の頃からマリオのゲームにはお世話になっていたので、親近感が沸きますね。日本人が1人もいない結婚式になるので、日本のものがあるとホッとしますwww

 

そう、日本人は私だけ。たった1人。日本語は夫にしか通じないんです。

台湾人夫は日本語だけでなく英語も堪能ですが、私の英会話力は壊滅的なので、オランダ人との会話はつたない英語で話すか台湾人夫の通訳頼みになってしまいました…。

うーん情けない。ちゃんと勉強するべきだった。

 

オランダの公用語はオランダ語ですが、英語でも問題なく会話できる人が多いんだそうです。実際、新郎さん家族(お姉さんを除く)もご友人も皆さん英語でコミュニケーションを取っていました。

 

そういうわけで、この部屋には数種類の言語が飛び交っていてなかなかカオスでしたww

オランダ人同士は基本英語でたまにオランダ語、台湾人同士は中国語、オランダ人と台湾人は英語、私は時々日本語って漢字で、4つの言語が交わる不思議な空間が生まれましたwww

 

私は人見知りなのと、知らない言葉が入り混じってて混乱しそうだったのもあって、ほとんど窓の外を眺めていました←

 

すっごくいい景色ですよね。

こんなお部屋なんて今の私たち夫婦の経済力では絶対に泊まれないです。

台北市内を一望できるなんて、ちょっぴり偉くなった気分w

別に私たちが宿泊していたわけじゃないんですけどねorz←

◆主役も大忙し

ゲストさんばかりいるけど、結婚式の主役は何をしているんでしょう?

探してみると、お姉ちゃんは洗面所で支度していました。

これはヘアセットの様子ですね。普段から華やかな女性だけど、一生に一度の特別な1日ということでもっともっとオシャレに、お姫様のように大変身します。

 

寝室にはお姉ちゃんが着るウエディングドレスが掛けてありました。

ウエストがめちゃくちゃ細い。

お姉ちゃんは身長が165cm以上あって、体重は50kgも無いんじゃないだろうかってほどスリム。さすが客室乗務員。

それでも、適度に体を鍛えているのでガリガリではなくて、ほどよい筋肉の付いた体つきなんですよ。憧れちゃいます。

 

そわそわしながら新婦さん(お姉ちゃん)の仕度を待つ新郎さん。

身長180オーバーのイケメンです。

それでいてパイロットさんだなんて、一体前世でどんな徳を積んだんだ。きっとモテモテだったに違いありません。そんな彼を夢中にしたお姉ちゃんはすごい女性ですね。

本題とは全く関係ありませんが、彼は飛行機(空)と自動車(陸)は操縦できても船舶(海)の免許は持っていないので、陸海空制覇はしていませんでした。(ぜひ船舶免許を取得して制覇してもらいたいw←)

 

ちなみにオシャレが大好きなお姉ちゃんとは正反対で、ファッションには全く興味が無いとのことw

普段着は3着くらいだそうです。なんともオランダ人らしいですね。

 

オランダ人は『他人からどう見られるか』はそれほど気にしないらしいです。

服装はデザインよりも機能性重視?バッチリめかしこむよりも、シンプルなスタイルを好む傾向があるみたいです。男性だとなおさらそうかも。

そっちの方が楽かもしれませんね。気にし過ぎはよくないです。

◆待ち時間が長いので記念撮影

仕度を待つ間に新郎さんと記念撮影。オランダ人なんて滅多に会えないですからね。親戚同士になったのが未だに信じられないですww

左が私。せっかくなので着物にしてみました。

台湾では冠婚葬祭の服装が日本よりうるさくないので、カジュアル着物で参加いたしました。日本だと絶対アウトな格好ですwww

靴もちゃんとした草履ではなく、かかとにヒールが付いた草履型サンダルにしました。とっても履きやすくて歩きやすい。

日本みたいにガチガチな服装ではなくていいので、気持ちが楽ですね。

正装にも正装のよさがありますが、身だしなみを気にしなくていいのは個人的に超助かりますw

 

調子に乗って他の方とも撮影。新郎パパ。

キリリっと真面目そうに見えますが、実はかーなーりユーモアのあるパパww

テンションが高くて、面白いんですよwwwww

今は中国語と漢字を覚えようと奮闘しています。勉強熱心なんですね。

余談ですが、奥様がフランス語教師だというのに、彼はフランスはお嫌いらしいです。(W杯でフランスが優勝して超不機嫌そうだったww)

 

続いて、新郎ママ。

笑顔が素敵。明るくてお茶目なママさん。趣味は登山というアクティブな女性なんですよ。パパさんもアウトドア派なので、よく2人でヨーロッパの雄大な山を巡って登っているそうです。

 

最後は新郎さんご友人。

イケメン過ぎかよ。

 

「旦那さんがいるのに、彼らと写真なんか撮っていいの?」とツッコミを入れたくなったそこのあなた、ご安心下さい。

 

この写真の撮影者は我が夫です。

 

夫もイケメンを目の前にしてとってもとっても幸せそうでした♂(おい

◆準備完了…あれっ?

そうこうしているうちに、準備完了。

このまま式場へ直行かと思いきや、プロのカメラマンによるホテル客室内での撮影会が始まりましたwwwwww

ホテル内でもプロの撮影が入るの!?しかも意外に本格的。時間ギリギリな気するけど大丈夫?

しかし、ここは台湾なので、細かいことは置いておくとして(台湾らしいなw)…お2人ともキラキラ輝いていてお美しいです。

お姉ちゃん、夫とは正反対だな。モデルさんっぽい。

台湾人女性ってメイクしない人が多いんですけど、お姉ちゃんは普段から結構メイクする派なんですよね。オシャレ(美容)関係ならなんでもおまかせ!な、頼れるおねえちゃん。

仕事で世界中を飛び回っては、現地のお洋服やコスメを求めてショッピングするのが好きみたいです。女子力の塊ですね。

そりゃ美人だわな。

 

んで、なぜか私たちも撮影してもらえました←

写真スタジオじゃない場所で主役の2人を写すついでに撮影したとは思えない仕上がりにwww

◆いよいよ式場へ

その後、式場の備品を運ぶ手伝いをしてバタバタしました。

先ほどのマリオの風船もバッチリ移動させますよ!!!w

 

あとは結婚式の開始を待つだけ…でも、大勢の台湾人とオランダ人に囲まれて、日本人は私1人…←

これから、一体どんな式になるのでしょう…?

その中で、私はアウェイ過ぎる状況に耐えることができるのでしょうか!?(←コミュ障)

 

続きは次回!w

ではでは、今日はこの辺で^^ノシ